どんなときにFXで失敗するの?

一般的にFX取引の世界でいわれていることにこういった言葉があります。
それは「FXで勝つ人の勝因は様々で、負ける人の敗因は一緒」というものです。

これはどういうことかというと、FXという世界では多くのお金を得ることができる手法やテクニックはいくつも存在していても、お金を失う原因は限られているというようにも置き換えることができます。
では、FXで負ける原因とはいったいどういったものなのでしょうか。

まず、一番大きな敗因は「資金管理能力」の不足が原因といわれることが多いです。
資金管理能力の不足とは具体的にどのようなことを指しているのかというと、その多くは自分の総資金に対して所有するポジションが大き過ぎる場合です。
ポジションを大きくするということは、値動きによって得られる金額は増えますが、それと同時にマイナスに動いたときのダメージも深く、強制ロスカットに引っかかりやすくなるという点もFXの敗因としてつながりやすい部分です。
また、こちらhttp://2-l.jp/yuukounaseikaku.htmlに書いてあるような性格の人はFXで失敗しやすいと言えます。

また、この資金管理に含まれる部分になりますが、「損切り」ができるかできないかというところも、FXで勝つか負けるかというものを左右する大きな要因となります。
FXで失敗する人の特徴として、小さなマイナスを損切りできず知らないうちに大きな損失になっているということが多いのです。

Copyright (C) 取り引きをしていて困ったら All Rights Reserved.